2006年10月17日

土壁実大実験フレーム製作

先日の夜、丸亀市にある「ポリテクカレッジ」で、私が参加している「土壁ネットワーク」による土壁実大実証実験用の軸組フレームの組み立てがおこなわれました。
当社の工事をしている大工さん2名を含む、4人の大工さんが切り組み加工した部材を、ポリテクカレッジの学生さんや教授、ネットワークメンバーなどが力を合わせての作業です。
IMG_9778_s.JPG

フレームは在来の土壁の強度試験用のもので、厚さ15oの貫が3段、柱梁は杉材、柱仕口は長ホゾ込み栓仕様です。
組み立ては大工さんの手際よい作業で、2時間ほどで組みあがりました。
これから、竹小舞いを編み、土壁を数回に分けて付けていきます。
土壁が乾燥し、試験が出来るようになるには数ヶ月先となります。
多分来年の2月か3月かな・・・。
その日が待ち遠しいですね。わーい(嬉しい顔)

posted by こまつ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2006年10月03日

旧大国家住宅

土間から薄暗い小屋組を見上げて、思わず「うっ」と唸ってしまった。
頭上の太い丸太梁には、何と竹小舞い下地を巻きつけた上に土を塗り、更に漆喰が塗られていた。
250年の時を経て、漆喰はかなり剥落が進んでいたが、黒く煤けたその様子は、今まで見たどの建物の架構とも違う独特の雰囲気を漂わせていた。
それは、樹皮をつけたままの広葉樹を横にして、タテ・ヨコに組んだとでもいうような、はじめて見る木組みの姿だった。
IMG_8917_s.JPG

薄暗い小屋裏をよく見ると、かやぶき屋根を支える垂木部分にも漆喰が塗られている。
垂木の形を写すように黒く波打つ漆喰を見て、まったくここまでやるのかと半ば呆れてしまう。
IMG_8891_s.JPG

また、この小屋組の複雑なこと!
その原因は外に出て屋根の形を見ると判った。
”エ”の字型に入母屋の屋根を二つ並べ、その間を瓦屋根でつないだ「比翼造り」というこの住宅の独特の屋根の形からくるもので、日本全国でも3例しかないらしい。
IMG_8902_s.JPG

ご案内いただいた地元のガイドの方の説明では、その内のひとつが国宝「吉備津神社本殿」で、もう一例は千葉県にあるということだった。
IMG_8823_s.JPG

非常に希なはずだ、こんなに複雑で雨仕舞いが悪い形状では、腕の立つ大工でもおいそれとはつくる気にはならないだろう。
ましてや茅葺きの屋根である、なおのことだ。

そもそもこの家は北側の棟だけが先につくられ、その後家業が成功し、財力が出来るなかで南側の棟とそれを継ぐ瓦屋根が増築され、今の形となったそうだ。
つまり「吉備津神社本殿」などのように最初から計画された合理的なものではなくて、成り行きでこうなったというところが人の住む住宅らしくて面白いところだ。

この住宅にはつい最近まで家人が一人で住んでいたが維持できなくなり、和気町が買い取ったということだ。
しかし、町の財政も苦しいのだろう、あちこち痛んだ外壁が割れて下地の小舞いが見えているのが痛々しい。
出来るだけ早く保存改修工事を進めてもらいたいと心から祈るばかりだ。
IMG_8905_s.JPG

旧大国家住宅HP http://ww32.tiki.ne.jp/~wake/ookunikejyuutaku.htm










posted by こまつ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統建築