2007年12月22日

ありがとう

香川県の19年度木造住宅コンクールに「宮脇町の家」を応募していたら、昨日優秀賞に選ばれたとの連絡がありました。
20060805_burogu_008.JPG
このコンクールは5年に一度くらいおこなわれているようですが、今回初応募で受賞できたことは素直に喜びたいと思います。
建築デザインなどでは遙かに上手な方々がおられる中で、今回賞をいただけたのは、四国の木や土などの自然素材と伝統的な技術をつかい、住まい手の暮らしを大切にする私たちの家づくりに応援をしていただいたのだろうと思います。

この賞は、実績が乏しいなかで信頼し、設計・施工をまかせていただいたお客様。
ご支援、ご指導をいただきました「NPO法人木と家の会」の皆様。
そして、素晴らしい木材を提供していただいた嶺北の皆様。
それを見事なまでの技術でかたちにしていただいた、棟梁をはじめとする職人の方々など沢山の皆様のおかげです。
心よりお礼申し上げます。
IMG_3715.JPG
また、今回の受賞を涙を流して喜んでくれたスタッフのE。
あなたがいなければうちの会社はありえません。
そして愛する家族のみんな。

ありがとう。

posted by こまつ at 09:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 宮脇町の家

みんなで力をあわせて・・・

「三谷の家」では、住まい手のご家族のみなさんで木の床や壁を塗装しています。
外部の板は柿渋と桐油、内部の床板は浸透性の植物系オイルを塗ります。
お父さんとボク。
200712152_burogu_006.JPG

お母さんとおじいちゃん。
IMG_0119.JPG
みんなで力を合わせ、丈夫で長持ちするように心を込めて塗っていきます。
posted by こまつ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 三谷の家

2007年12月11日

吹屋 べんがら色の町

落ち着いた赤茶色に彩色された玄関の引き違い戸。
赤く見えるのは弁柄(べんがら)を塗っているためです。
20071125__165.JPG
このような赤茶色の玄関戸や格子窓が街道に連なる、岡山県吹屋の町並みには独特の雰囲気があり、べんがら生産で栄えた往時の繁栄が偲ばれます。

20071125__141.JPG

「べんがら」は、有史以前から人類になじみ深い赤色顔料で、インドのベンガル地方で多く産出し、日本に輸入されたことからついたといわれています。
成分は鉄の酸化物(酸化第二鉄Fe2O3)からなり、着色力・隠蔽力が大きく、耐熱性・耐水性・耐光性・耐酸性・耐アルカリ性に優れているうえに、無毒で人体にも安全なため非常に多くの用途に使われて来た素材です。

古くから漆の椀、化粧品、神社仏閣や陶磁器の彩色、船の船底塗料や鉄骨の錆止め塗料に使われ、現在では、赤煉瓦や道路の赤茶色のアスファルト舗装、磁気テープなどのエレクトロニクス関連まで、使用される用途は多岐にわたっているそうです。

20071125__113.JPG
吹屋にあった、昔の「吹屋製法」のベンガラ製造施設。
上から下に沈殿させながら精製したそうです。
しかし、公害問題により、現在では鉄鋼業の福製品としてつくられるようになり「吹屋製法」は歴史の中に消え、吹屋の町自体も衰退していったということです。

posted by こまつ at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 町並み

おしゃれ

IMG_0170-5.JPGIMG_0209-6.JPGIMG_0174-1.JPGIMG_0180-1.JPG
12/9に岡山にある磯崎眠亀記念館に行ってきました。

磯崎眠亀はい草を使った花ゴザの織機を発明した人で岡山の偉人だそうです。
記念館は磯崎眠亀の住宅を移築保存した明治期の古民家です。
駐車場から入っていくと外壁に月の形の穴が空いていて中に硝子がはめ込まれていました。
はめ込まれている硝子は岡山で初めて住宅に使われた硝子だそうです。
玄関には軸回しで閉める凝ったつくりの雨戸がありました。
よく見ると三角形の板は一枚板ではなく細かく△に加工された板を一枚ずつはめ込んでいます。
昔の人の粋でおしゃれな意匠がみてとれます。



posted by こまつ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統建築

土壁実大せん断試験始まる

y?@Cn^_20071205_50.JPGy?@Cn^_20071205_20.JPG








住宅などで使われている土壁の強さを調べるための「土壁実大せん断試験」が始まりました。
土壁ネットワークとポリテクカレッジ丸亀校の共同研究で、これから1月16日まで8回にわたって、色々な試験体をつかっておこなわれます。

初回は12月5日にあり、昨年の試験で壊したフレームを修復した試験体「修復、地域仕様」の試験でした。
試験体を左右に押し引きしていくと少しずつ変形が進み最後に壁土が落ちる様子が見えて大変勉強になります。
この試験体は昨年の実大試験で使用した材料をもう一度使って修復したもので、実際の住宅が地震などの被害を受けて、それを修復・再建した場合の参考データとなるものです。
今回の試験の中でも私が注目している試験のひとつでした。

試験結果は変形47mm付近で最大耐力13.33KNを記録しました。
また、耐力の特性も粘り強く変形に抵抗する土壁特有のものでした。
柱のホゾが折れている状態の試験体でしたが、新規に製作した場合の約85%程度の強度を記録し、壁倍率でいえば1倍程度の強度を保有することが判りました。
これは土壁を使用した伝統的な構法の家が地震で被災しても、補修すればまた使えるようになるという力学的な根拠を示すものとして大変参考になるものです。



posted by こまつ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2007年12月05日

大直し

IMG_0013@3.JPGIMG_0017@2.JPG
「木太町の家」で土壁の3回目の工程「大直し」をしました。
手際よく左官さんが塗っていきます。
土で隠れた貫の上には、「貫ぶせ」といって短く切った稲ワラを張り込んでいきます。
こうすることで貫の付近の壁の割れ止めの効果があります。
posted by こまつ at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 木太町の家