2010年12月21日

土壁塗は楽しいぞー!!

綾川の家では、左官さんが竹小舞の上に壁土を塗る最初の工程の「荒壁塗り」をおこないました。
また、午後からは建て主さんご家族が参加して土壁塗体験もおこないました。
建て主さんにとっては、自分たちの家がどのようにつくられているか体験できる良い機会です。

まず、最初はご主人からやってみます。
作業にかかる前に、壁土を塗るための金コテや壁土を載せるコテ板の使い方を左官さんからレクチャーを受けます。
IMG_0006.jpg

左官さんは大きな金コテでササッと塗っているので、一見とても簡単そうに見える土壁塗ですが、いざやってみるとこれがなかなか難しいのです。
まず、うまく壁土がコテの上に載りません。
次に、そのコテの土を上手く延ばせません。
コテを右に左に動かしていると壁土がバサッと落ちてしまったり、なかなか慣れるまで四苦八苦です。
ご主人は途中から毛糸の帽子を脱ぎ、汗ばみながら真剣にコテを動かします。
IMG_0028.jpg

少したって、奥さまも挑戦。
ここで、奥さまは思いの外けっこう器用なことを証明。
上手くコテの上に土を載せ竹小舞に土を塗りつけていきます。
「上手くできないと悔しい!」なんて言いながらワイワイ楽しく塗り広げます。
そんな奥さまを家族みんなが見守ります。
IMG_0054.jpg

しばらくして、お母様も現場に休憩のお茶を持ってこられ、ついでに挑戦です。
思わず夢中になります。
IMG_0057.jpg

竹小舞の反対側には、塗りつけた荒壁土がムニュッと顔を出して冬の夕日に照らされています。
なんだか今回も良い土壁が出来そうです。
IMG_0080.jpg

ふと見ると、奥さまが手元役になって左官さんに息を合わせて壁土をすくって渡しています。
あんまり頑張るとあくる日に筋肉痛になるかも、と少し心配しながら様子をみます。
IMG_0094.jpg

こんな光景を見ていると、この現場でも職人さんと建て主さんとの信頼の絆が深まり、良い関係が出来るのだろうなと予感しました。





posted by こまつ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 綾川の家

2010年12月18日

屋根瓦葺き

綾川の家の屋根はいぶし瓦葺きです。
瓦は、三州(愛知県)、石州(島根県)と淡路(兵庫県)が「瓦の三大産地」で、この三ヶ所で全国の9割を生産しているらしい。
その内、いぶし瓦については淡路がトップで全国の5割を生産しているとのこと。
今回使用したいぶし瓦は、淡路のみなと瓦産業製のもので、良質な粘土を原料に高温の単窯で焼き締めてつくられています。
IMG_0073.jpg

いぶし瓦は、防火性や遮音性が高く、耐用年数も長いので、日本の家屋の屋根の定番となっています。
日差しを受けて銀黒に美しく輝く町並みは日本の心の原風景です。

いぶし瓦は適切なメンテナンスをすれば100年以上も使えることが実証されています。
現在、日本で実際に使われている最古の瓦は奈良の元興寺の瓦で、元は「飛鳥寺」(587年)に葺かれていたものを移築し再利用したものといわれています。
つまり、1400年前の瓦が今も現役で使われているのです。
元興寺HP: http://www.gangoji.or.jp/tera/link/link.html

瓦屋根のてっぺんからあたりを見ると冬を迎えた田園風景が穏やかに広がっています。
このいぶし瓦の住まいが、この風景の中の一つとして、長くこの地に建ち続けていってほしいものです。
IMG_0075.jpg

posted by こまつ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 綾川の家

2010年12月13日

かがわ木造塾in三好

12月11日に、かがわ木造塾のフィールドワーク「香川県産材とJパネル」をおこないました。

http://kagawakenchikushikai.com/mokujyuku2010.pdf
http://kagawakenchikushikai.com/mokujyuku.html

集合場所の箸蔵山ロープウェイの駐車場で徳島県農林水産部の華岡課長補佐とお会いし、ご用意いただいたバスに乗り込み見学開始。
最初は(株)阿波林材さんを訪問。
製材工場や製品加工工場、ストックヤードなど分散している施設を移動しながら説明をいただきました。
IMG_0005.jpg

広大なストックヤードで自然乾燥中のスギ板。
丁寧に隙間を空けて立てかけられている。
IMG_0010.jpg

次に三好木材センターとその市場を見学。
広い土場に原木が沢山並べられているが、原木価格の低迷で大変だとのこと。
あまりの安値は手入れの行き届かない森林を広げることになり難しい問題を投げかけている。

市場の一角にある「かがわ県産材コーナー」
塩江の国有林を中心としたヒノキの原木が出荷されていた。
IMG_0023.jpg

香川県産のヒノキは雨が少ないため、目込みで色合いが良く、芯が中心にある曲がりの少ない良材が多いのが特徴とのこと。
原木を前に説明を受け、今後使っていきたいと思わされた。
IMG_0019.jpg

次は(有)山口製材所を訪問。
ここはスギの縁甲板や足場板などの製品をつくっているとのこと。
ここで作られる縁甲板の節補修は、接着剤でなくて丸い埋木を使用している。
製品への社長のこだわりが感じられた。
IMG_0039.jpg

板の乾燥に使うバイオマスボイラーについて熱く語っていただきました。
IMG_0042.jpg

昼食後、私の現場でも大変お世話になっている(株)山城もくもくを訪問。
バスは山の中をしばらく走り「えー、こんな所に」と驚かされる山の中に突如として現れた工場に到着。
IMG_0044.jpg

ここではスギの三層クロスパネル(Jパネル)をつくっており、休日返上で工場が稼働していました。
Jパネルは構造材でありながら、仕上げ材としてもそのまま使える優れものです。
また、間伐材でつくられているので、森林資源の有効活用が図られると共に、山間地域の貴重な雇用の場となっています。
IMG_0051.jpg







posted by こまつ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座・研修

2010年12月09日

土壁で省エネ住宅をつくろう

建築をすすめています綾川の家で、12月12日(日)に構造見学会を開催します。
どなたでもお気軽にいらっしゃってください。

IMG_0021.jpg
*****************
「健やかに暮らす木の家」構造見学会

 住み心地が良くて、子どもたちが健やかに成長するにはどんな住まいが良いのでしょうか?
綾川町ですすむ家づくりでは素材を考え、集成材や構造用合板、ビニールクロスなどを使わず、高知県嶺北の無垢のスギ・ヒノキを伝統構法で組み、土壁・漆喰で仕上げます。
室内は吹抜と大きな窓で、光と風を取り込み、豊かな田園の自然を暮らしに生かします。

 そして調湿・蓄熱・防火・遮音などに優れ、人に優しい土壁の性能と外断熱、太陽光発電+オール電化を組み合わせ、住宅エコポイントの基準にも適合する最新の省エネ住宅仕様となっています。
この住宅の構造見学会を12月12日(日)午前10時〜午後4時に行います。
当日は設計者の説明と共に家づくりの資料も差し上げます。

 見学会会場は綾歌郡綾川町山田下 岡田はりきゅう院の西隣です。
 詳細地図は下記をご参照下さい。

http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E7%B6%BE%E6%AD%8C%E9%83%A1%E7%B6%BE%E5%B7%9D%E7%94%BA%E5%B1%B1%E7%94%B0%E4%B8%8B2001&lat=34.22657668&lon=133.94305091&ei=utf-8&v=2&sc=3&datum=wgs&gov=37387.16.2001
posted by こまつ at 05:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 綾川の家

竹小舞編み

土壁をつくるには、まず壁土を塗りつけるための竹をタテヨコにワラ縄で編んだ竹小舞を作ります。
その竹小舞編みの日、建て主さんにも体験で少し編んでもらった。

10_11_27_6177.jpg
職人さんから手ほどき。
簡単なようでこれが結構難しい。

10_11_27_6149.jpg
綺麗に編めたかな?
posted by こまつ at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 綾川の家