2011年02月01日

日本の住宅の最高齢と平均寿命

現存する世界で一番古い木造建築は?
・・・といえば、良く知られているように法隆寺金堂で、築1300年ほどと言われています。
 ●法隆寺金堂: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Horyu-ji08s3200.jpg

たしかに、法隆寺は木造建築の耐久性の高さを示してくれるけれど、聖徳太子ゆかりの寺院でもあり、とても良く維持管理がされてきているはずで、特殊な例ともいえます。
一般の庶民の木造住宅では多分こうはいかないでしょう。

では、いったい普通の木造住宅はどれくらい保つのでしょうか?
300年、400年、500年・・・いやいやそんなものではありません。
現存する日本最古の住宅は兵庫県神戸市北区にある「箱木家住宅」で、14世紀の室町時代の建築と推定されています。
11_01_20_6954.jpg

つまり、今から約700年ほど前に建てられたものが今でも残っているのです。
日本の高温多湿の気候や白蟻の被害、地震の発生の多さを考えると驚異的とも言えます。

建物は巨大な茅葺き屋根が特徴的でなんだか竪穴住居を連想させます。
建物はどこを見ても質素で飾り気がなく簡潔です。

外壁は土塗り壁で窓が少なく、内部は少し薄暗い感じです。
11_01_20_7006.jpg

手前の「にわ」(土間)と奥の「おもて」(座敷)の間にある黒光りする柱は創建当初からのもので、角の面は幅広く、表面には荒々しい手斧(チョウナ)の後が残っています。
11_01_20_6988.jpg

「箱木家住宅」が日本の住宅の最高齢ならば、現代日本の住宅の平均寿命はどれくらいでしょう?
答えは約30年といわれています。

700年と30年あまりに違う数字に何か信じられない気持ちも覚えますが現実です。
アメリカの44年、イギリスの75年と比べてみても日本の住宅の耐用年数の短さは際だっています。
せめて倍の60年くらいは保って欲しいところです。

現在、これではいけないということで長期優良住宅制度を国が積極的に進めています。
現在の技術で厚化粧した長寿命住宅と対極をなすかのように山里に佇む「箱木家住宅」。
住宅としての本質は何かを問いかけてくるようです。
11_01_20_7020.jpg
posted by こまつ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝統建築