2010年11月18日

香川ヒノキ、徳島スギの展示会

かがわ木造塾でおこなう12月のフィールドワークでお世話になる吉野川(三好)流域林業活性化センターさんから、「香川ヒノキ、徳島スギの製品展示会」のご案内をいただいたので(農)香川県鬼無植木盆栽センターにお伺いした。
IMG_0004.jpg

主にスギの縁甲板などの板材を中心に展示されていて、製品や原木のなどについて興味深い話を聞かせていただいた。
三好のスギ材(製品)はまだ使ったことが無いのだけれど、製材所の方から製品に込められたこだわりと想いを伺い、一度使ってみたい気になった。
IMG_0005.jpg

展示会場となっている植木盆栽センターは植木を売買する公設市場で5の付く日に市が立っているそうだ。
特に11月15日は大市と呼ばれ、いつもより盛大に市が行われる日なのだそうだ。
所狭しと並べられた植木を前に県内外の庭師さんが集まり独特の符丁でセリをおこなっていた。
IMG_0001.jpg


バッタリ会った知り合いの庭師さんによれば、ここの市場も年々参加者が減り取引量も少なくなっているそうだ。
住宅の洋風化で、いわゆる日本庭園風の作庭が減るなど、庭に対する消費者の意識や求めるものが変わってきているせいなのだろうか。
それとも単に庭にお金を使わなくなったのか・・・。

IMG_0003.jpg
この綺麗に色づいている大きな紅葉が1万数千円と聞き、これでは植木生産者は儲けにならないだろうと心配になった。




posted by こまつ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林・木材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41759100

この記事へのトラックバック