2006年03月07日

うたづの町屋とチューリップ

先日、宇多津町で「うたづの町屋とおひなさん」という催しがありちょっと行ってきました。
宇多津町では、宇夫階神社や西光寺周辺の古い街並みを舞台に三月四、五の両日にひな飾りを展示しています。
この催しは今年で三回目で、古い街並みの魅力を紹介しようと住民有志で組織する実行委が企画し、約九十戸の町家などでひな人形を飾り付けているそうです。
IMG_1676_s.JPG

宇多津は四国管領細川頼之が守護所を置いたところで、香川県下で一番古い城下町だそうです。
また、塩田や海上交易で栄えた名残をとどめるような、古い立派な町屋がいくつも残っていて、とても落ち着きのある、良い雰囲気の町並みをつくっています。
IMG_1706_s.JPG

特に、とんがった屋根が特徴的な「倉の館三角邸」や水主町の旧家は、その贅を尽くした家の造りに圧倒されます。
IMG_1647_s.JPG

IMG_1691_s.JPG

その三角邸の玄関先では、丸い棟瓦に載った苔から可愛らしい蕗のとうが顔を出していました。
IMG_1691_s.JPG

そんなうたづの町並みを散歩していたら、とても素敵なディスプレイを見つけました。
民家の出格子窓一杯に、色とりどりのチューリップが、弧を描くように飾りつけられています。
IMG_1744_s.JPG

飾り付けたのはこの家の方でしょうか・・・。
大胆な花の波が、古い民家に春の息吹を吹き込んでいます。
IMG_1739_s.JPG
posted by こまつ at 02:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 町並み
この記事へのコメント
去年は引田町のひな祭り、ぜんざいと甘酒のテントで、ボランティアスタッフをした事を思い出します。一日中外でとっても寒かったですね。
結局、忙しくて何も見学できなくて残念な思いをしました。
やっぱり、お祭りは見に出かけなくっちゃ。
Posted by 夢子 at 2006年03月08日 21:04
そうですね、イベントは裏方よりお客さんの方が楽で面白いですね(*^_^*)
でも、宇多津の有志の方が、食事や休憩所の用意、そして見学者に対する説明の準備をされている姿を見て、この町を愛しているのだなと感じました。
そういう裏方はやり甲斐がありますね。
また、裏方仕事があればお誘い下さい。
Posted by こまつ at 2006年03月09日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/438962

この記事へのトラックバック

ぶらり旅・旅行・ドライブ(4) チューリップ
Excerpt: チューリップ畑に見事に咲く花はそれは見たことがある方が感嘆の声を上げるほどです。あなたの旅行計画に組み込んでみてはいかがですか
Weblog: 無料データバンク
Tracked: 2006-03-12 18:44