2006年03月24日

石田左官さんのこと

今回、「宮脇町の家」の左官工事をお願いした、石田貞男氏率いる石田左官工業さんは、栗林公園掬月邸(http://www.pref.kagawa.jp/ritsurin/sanukikikou/index2.htm
)や、イサムノグチ庭園美術館(http://www.isamunoguchi.or.jp/index.htm )、旧恵利邸(
http://www.sanuki.ne.jp/original/miroku/ )など、県内外の文化財を多く手がけられてきた、大変有名なその道のオーソリティです。
DSC00429_s.JPG

最近は、一般住宅を施工することは少ないそうですが、今回縁あってお願いしました。
「宮脇町の家」のような伝統的な構法や材料を生かした家づくりには、願ってもない方ですが、普段なかなか一緒に仕事をすることはできません。
また、その技術力の高さや、仕事に対する一徹な姿勢とは裏腹に話しぶりは温厚で色々なことを教えてくれます。
このような機会を大切にして色々な技術に触れ、勉強させていただきたいと思っています。
posted by こまつ at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮脇町の家
この記事へのコメント
おぉっ!石田さんが塗ってくれるんですか〜〜!!
すごいですね〜〜^^
石田さんも、もう高齢ですし引く手数多でお忙しそうですが、公共物よりも、実際に住んで毎日を過ごす住宅のほうがやりがいがあっていいのでは??と勝手に思ってます^^;
今度、現場見せてください〜
Posted by あびぃ at 2006年03月24日 19:45
石田左官さんが工事をしてくれるとは着工時点では思ってもいなかったので、嬉しい反面、とても恐縮するところです。
あびぃさんのおっしゃるように、石田さんも最近、人の住む住宅をやりたいなと思っていたようです。
現場では今、息子さん達が来て一生懸命に壁を塗ってくれています。
何時でも見られますので是非一度おいで下さい。
Posted by こまつ at 2006年03月25日 08:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/496888

この記事へのトラックバック