2006年03月30日

出石町には面白いものが沢山!!

先日の日曜日、香川県建築士会女性委員会主催の研修旅行で兵庫県出石町に行ってきました。
ここは、皿そばで有名な所で町内には約50軒ものおそば屋さんが軒を列ねています。至る所にそば屋さんの看板があり、その密度は我が「さぬきうどん」より多いかも(笑)
IMG_3037_s.JPG

出石町は「但馬の小京都」といわれ、出石城から北にかけて、碁盤目のように区画された情緒あふれる町並みや武家屋敷が残っています。
IMG_3155_s.JPG

出石町のシンボル辰鼓楼(しんころう)。
辰の刻(午前8時)に藩主の登城を告げる大太鼓が打ち鳴らされたところだそうです。
でも、今はなぜか太鼓の代わりに時計が付いています。(^_^;)
IMG_3190_s.JPG

建物の正面が沢山の格子で覆われています。
この建物に限らず、出石の町屋は正面の窓周りに格子をとりつけたものが多いようでした。
IMG_3134_s.JPG

町並み散策で見つけた建物。
間口2間しかありませんがとても端正で惹かれるものがあります。
2階の菱形の開口も大胆です。
IMG_3070_s.JPG

この土蔵は酒蔵です。
IMG_3137_s.JPG

最初見た時は、白い漆喰がはげ落ちたのかと思いましたが、築250年になるこの倉は、最初から壁土のまま仕上げられているのだそうです
土の色は、この地域で採れる少し赤みの強い土で出石町のシンボルカラーだそうです。
IMG_3142_s.JPG

歩いていると、陶器屋さんの店先で面白いものを見つけました。
陶器製のカエルですが、これ何に使うのかわかります?
IMG_3173_s.JPG
答えは郵便ポストでした(笑)
表情に惹かれます・・・・(^_^;)。
投入すると自動で風鈴もなるし(笑)
IMG_3176_s.JPG

他にも店内には面白いものが一杯!!
IMG_3177_s.JPG

バイオリンの木のところ以外は焼き物です。
IMG_3179_s.JPG

ホルンもあります。
ここの店主は楽器がお好き!!
IMG_3180_s.JPG

胴のところが焼き物でした。
音色を聞いてみたいですね演劇
どれも、店主の遊び心が溢れてます。
IMG_3183_s.JPG

posted by こまつ at 10:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 町並み
この記事へのコメント
壁土の酒蔵、すごい存在感ですね。
日本じゃないみたいです。
Posted by 藤田 at 2006年03月31日 08:25
そうでしょ、まるでインドや中東の土造り(日干し煉瓦)の建物みたいでしょ。
小さな納屋的なものは香川にも在るけれど、これだけ大きなものは、雨の多い日本じゃあ珍しいですよね。
また、この地方独特の赤みがかった土の色がシックで良いんです。
藤田さんも是非訪ねてみて下さい。
Posted by こまつ at 2006年03月31日 09:31
いや〜、楽しかったですね〜〜
こうやって改めてみると、面白いものたくさん発見されてますね。
見ていて楽しくなります^^
Posted by あびぃ at 2006年03月31日 20:35
おびぃさんこんにちは。
ほんと、楽しい研修旅行でした。
味わい深い町並みや、楽しいお店があり満足です。
しかし、世の中には遊び心のある方がいらっしゃるものです。
この洒落と余裕を見習いたいですね。
Posted by こまつ at 2006年04月02日 05:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/512172

この記事へのトラックバック