2010年11月14日

緑の課外授業 上西小学校に行く

IMG_0015.jpg

香川県建築士会の有志でおこなっている出前講座「緑の課外授業」を上西小学校でおこないました。
上西小学校は高松市塩江町の府中ダムの湖畔にあり、とても豊かな自然に囲まれた環境です。
きっと学級崩壊もイジメも無いのだろうなと思わされる落ち着いた佇まいです。
この日はいつもと違い、MさんとKさんの二人がかりで先生を担当するスペシャルバージョンです。
私は担当の授業がすでに終了しているので今回は荷物運びなどのお手伝いです。

IMG_0011.jpg
授業は体育館で、3年生から6年生までの15人を対象に行われました。
児童の後には先生方も多数出席していただき熱心に聞いていただきました。
授業では森林が育む水のことを糸口に、その役割や保全、そして活用のための家づくりについて写真や木材のサンプルなどをつかって分かり易く説明しました。

IMG_0010.jpg
私たちが休日に集まってつくった香川県産材ヒノキのコースターを渡すと、皆それぞれで手触りや香りを確かめ、森の恵みを感じてくれているようでした。

上西小学校周辺では、過疎により児童数が減少の一途で、この学校も統廃合され廃校になるとのことです。
小学校は教育施設(建物=ハード)としてだけでなく、運動会やバザーなどを通じて地域社会の人とひとの結びつき(コミュニティー=ソフト)を支える「核」となっている側面もあります。
小学校の廃校は地域の方にとってはとても残念に思えたことでしょう。

IMG_0002.jpg
誰もいない校庭を見ていると、やがて訪れる廃校の日を思い起こさせ、日本の社会が山間集落から崩壊している現実を改めて感じずにはいられませんでした。

私たちが森林の環境保全や活用の話をしている傍らで進行している、山に「人」が居なくなっている現実。
そのことに、私たちや社会はもっと危機感を持つ必要があります。
森を守る担い手でもある、林業関係者の平均年齢は五十歳を超えているとも聞きます。
20年、30年後の山間地域を想像し、そこに広がる森林の未来を真剣に考えることは、日本の進路を考えるうえできわめて重要です。
posted by こまつ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO活動

2010年01月17日

木と家の会2/13イベントのお知らせ

私が所属しているNPO法人木と家の会では、2/13(土)に「かがわヒノキの家を建てよう」をテーマにイベントをします。
木の家の棟上げや餅まきなど楽しい催しがありますので、皆さんのご来場をお待ちしております。
QCxgP.jpg

QCxgQ.jpg

関連して「住宅の柱50本プレゼント」もおこないます。
ふるってご応募お願いします。
詳しくは木と家の会のホームページ
http://kitoie.or.jp/event.html
をご覧下さい。
posted by こまつ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO活動

2008年04月14日

国交省に行く

NPO法人木と家の会から「伝統的な木造軸組住宅等に係る意見交換会」に出席するため4月9日に東京に行ってきました。

行きの新幹線の車窓から過ぎゆく風景を眺めていると、本当に沢山の家々が次から次へと、現れては過ぎ去っていきます。
それぞれの屋根の下には、ひとつ一つ違う家族や人が住み、毎日を暮らしているのだろうななどと考えると、その途方もない数の多さに圧倒されます。
IMG_00041.JPG

東京駅から地下鉄で国交省のある霞ヶ関へ。
「地下鉄サリン事件」の舞台となった霞ヶ関駅を出ると大きなビルの建ち並ぶ官庁街に到着。
官僚国家、日本の中枢です。
中央のビルが国交省のある中央合同庁舎3号館。
IMG_00191.JPG

少し早く到着したので、会議までの時間調整に少し散歩。
すぐ近くの国会議事堂まで行くと門の前には警備の警察官が数人、近くに機動隊のバスも数台待機。

この建物は1920年(大正9年)の着工で、完成は1936年(昭和11年)。
実に17年かかってつくった日本の政治の象徴です。
IMG_00171.JPG

中央合同庁舎に入るとエントランス前の駐車場には20台ほどの黒塗りの公用車の列。
待機中なのにアイドリングしている。

正面玄関の国交省の看板を横目に見て中に入る。
IMG_00211.JPG

意見交換会には全国の伝統木造住宅に関係している団体38名と国交省側11名、計49名が参加していました。
挨拶の後、伝統木造住宅についての性能検証の取り組みなどの説明の後、意見交換に入る。
参加者からは伝統的木造住宅のおかれた危機的な現状が報告され、活発な意見が交換されました。

なかには、かなり国交省を敵視した発言や、自慢話かいなと思わせる数寄屋建築の大御所の止めどもない話など、さすが全国から集う強者達だなと思わせる場面もあり、思わず苦笑することもありましたが概ね有意義な意見交換会になったのではと感じました。
私からの意見として、香川県における土壁告示仕様による確認申請の現状と過剰な要求となっている中間検査の問題を伝えました。
国交省からは性能評価制度のアドバイスだけで、すぐに解決に結びつく色よい返事はありませんでしたが現状の認識はされたと感じました。

夜、ホテルへ向かう道で見上げると高層ビルと立体交差の道路。
大都会の並はずれたエネルギーが宿る風景です。
IMG_00251.JPG



















posted by こまつ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO活動

2007年11月21日

シンポジュウムやりました!!

ulXv_20071111_00812.JPG11/11にNPO法人木と家の会の主催でシンポジュウム「人と森が共に生きるためにできること」を11/11に開催しました。
なんせ、会場が田んぼの中ということもありベンチや掲示板を製作するなどほんとうに手作りのイベントとなりました。
当日は心配された雨も降らず、スタッフを含め約90名の参加者があり、秋の空の下でプレゼンテーターのお話しを聞いたり、課題について話し合いをしたりして過ごしました。
夕方はさすがに寒くなってきましたがそれでも多くの方が残ってくれてありがたかったですね。
posted by こまつ at 06:29| Comment(2) | TrackBack(0) | NPO活動

2006年04月25日

「木と家の会」の総会が開かれました

「木と家の会」の総会が先日の土曜日にサンポート高松でありました。
IMG_4495_s.JPG
今年は役員の大幅な改選や、定款の一部変更などがあったため会員の関心も高く、沢山の参加者を集めて開催されました。
今年も司会役が廻ってきたので私もスタッフとしてお手伝いしました。(^_^;)

今年の総会で、二期4年に渡って会を支えてきた、戸塚会長と大西事務局長が退任されました。
全国各地にある、地域産木材の普及啓発に取り組む草の根活動の中でも、この会が非常に高い社会的評価を築く原動力となった、お二人の努力には頭が下がる思いです。
これに伴い、新しい顔ぶれの理事が選任され総会は無事終了しました。
及ばずながら、今回私も理事の末席に加えさせていただいたので、今まで以上に会員の皆さんと一緒に会の活動に関わっていきたいと思います。

総会終了後、戸塚元会長を中心に会が取り組んできた、高知県嶺北地域との連携の集大成となる「嶺北規格材」の発表がありました。
IMG_4498_s.JPG

国産木材の普及拡大の手助けとなる、”構造材を見せてつくる住宅”のための規格と、それを活用した住宅設計手法をイラスト入りで説明したパンフレットについて戸塚さんからその経緯や活用の仕方について説明がありました。
また、根拠を明確にした価格表も合わせて発表されました。
これらは、山と街側が手を携えた今までなかった先進的な取り組みだと思います。
これが活用され、嶺北材の活用がより拡大して欲しいものです。
IMG_4589_s.JPG
posted by こまつ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO活動