2006年04月27日

この花なんの花?

車で走っていたらとても綺麗なお花畑を見つけました。目
一面に広がる、少し黄緑色の優しい小さな花々・・・・黒ハート
向こうに建つ家の赤い壁とのコントラストが鮮やかです。
IMG_4627_s.JPG

この花、なんの花かわかります?
どうやらブロッコリーの花らしいのです。
サラダ皿の上でしかお目にかかることのないブロッコリーに、こんな可愛らしい黄色の花が咲くなんて知りませんでした〜。わーい(嬉しい顔)
IMG_4623_s.JPG

夕方、また畑の前を通ってビックリ!!がく〜(落胆した顔)
なんと、トラクターで耕されてお花畑がぜ〜んぶ無くなっていました。
新しい野菜の苗を植えるんでしょうネ・・・。猫
posted by こまつ at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年03月06日

流氷プレゼントしました

今日、北海道建築士会宗谷支部より送っていただいた流氷を、高松市立太田中学校にプレゼントしてきました。
IMG_1775_s.JPG

宗谷支部では2001年より、流氷交流事業として全国の小中学校に流氷のプレゼントを続けています。
(詳しくはホームページで http://www.h-ab.net/

そのことを、知り合いの太田中学校の先生にお話ししたところ、いただきたいということになり、今回のプレゼントになりました。
校長室で生徒代表に香川県建築士会高松支部の方から手渡してもらいました。
この流氷を通じて、自然の不思議さや地球環境の問題などに子ども達が感心をもってくれれば、ボランティアで寒い中、採集・発送をしてくれた宗谷支部の有志の方も喜んでくれると思います。
IMG_1776_s.JPG

posted by こまつ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月27日

木の芽起こし

日曜日は昼まで雨でした。たらーっ(汗)
IMG_1616_s.JPG
この季節に降る雨を父は「木の芽起こし」と呼んでいました。
私はこの春の到来を感じさせてくれる名前が付いた雨が好きです。
手水鉢に映るヤマボウシの木の芽はまだ硬いのですが・・・・
IMG_1617_s.JPG
いつの間にか庭の隅で、球根が芽を出していました。
IMG_1618_s.JPG
名前?
う〜ん、忘れてしまいましたわーい(嬉しい顔)(笑)
posted by こまつ at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月23日

梅が開花しました

今日、香西の現場近くの神社の前に車を停めた時、ふと境内を見ると梅が開花していました。
白梅と紅梅が並んで、綺麗な花と爽やかな春の香りをあたりに振りまいています。
IMG_1591_s.JPG
IMG_1597_s.JPG

冬も終わり花の季節の幕開けです!
posted by こまつ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月20日

視線!?

志度寺のお庭を歩いていると、なんか視線が・・・・。
おお、、、、お前かい!?がく〜(落胆した顔)
IMG_1458_s.JPG

目ん玉ありました(爆)
IMG_1460_s.JPG

樹種:クロガネモチ 
posted by こまつ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年02月17日

春が来た?

晴れ暖かな日差しを受け、家の庭の白梅の蕾が膨らんできました。

触ると柔らかい!
もうちょっとで開花です。
IMG_1376_s.JPG

ボケの蕾も大きくなりました。
橙色の花が楽しみです。
IMG_1374_s.JPG

そういえば、少しずつ寒さも緩んできたような気がします。
どうやら、春がもうすぐ傍まで来ているらしいですよ猫
posted by こまつ at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

夕景

「宮脇町の家」の現場からの帰り。
栗林トンネルへ登る百舌坂から現場を見ると、良く晴れた空に夕日が射し、瀬戸内海まで見通せました。
遠くにはサンポートタワーも見えます。
すごく綺麗なので車を止めてみました。
現場は右の中程にあるはずですが、目目をこらしても見つけることが出来ません。(たぶん、私の近眼のせい(^_^;)ゞ)
IMG_1385_s.JPG

それにしても沢山の家々です。
事務所ビルもあるけれど、マンションや一戸建てなどの住宅がやっぱり多いのがわかります・・・。

だけどこんなに沢山あっても、「宮脇町の家」のような伝統型構法での新築は他に何軒あるのだろうか・・・・。
高松の街中では、土壁の家さえ最近はほとんど建ってないっていうし・・・・。
片手か?
ひょっとしたら、0軒かもしれないな・・・。

何とも、めちゃめちゃマイナーな家づくりやな〜!
なんて思いつつ車を走らせていると、高速道路の橋脚が夕日に照らされている。
グラデーションが、何だかとても綺麗なのでパチリ!!カメラ
IMG_1389_s.JPG
posted by こまつ at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月27日

たたら見学2

「和鋼博物館」を出て、いよいよ”たたら”見学です。

細い山道を1時間ほど走って工場に到着しました。




ここは日立金属が所有している工場で、炉と建物が文部省より登録文化財の指定を受けています。
事務所に登録書が掛かっていました。



その門柱の横には”日刀保たたら”の木の看板が掛かっていました。
日刀保とは財団法人日本美術刀剣保存協会の略で日立金属と協力し、協会の事業として”たたら”の操業をしていることを表示しているようです。
ちなみに会長は橋本龍太郎じゃ!

http://www007.upp.so-net.ne.jp/nbthk-tk/honbu_shokai.htm




敷地内には立派な神社がありました。
このように中国山地のたたら場では必ず金屋子(かなやご)神を祀っているそうです。
金屋子神は女神なので女嫌い、妻が月経の時は夫の村下はたたらへは入らず、産褥の時はたたらを休み、もし仕事の手が離せないなら家へ帰らず生まれた子供の顔も見なかったそうです。村下(たたらの総責任者)は特に厳しく、風呂は女の入った後は絶対に入らなかったといいます。



倉庫には炭が一杯に積み上げられていました。
たたら製鉄は鉄原料として砂鉄を用い、木炭の燃焼熱によって砂鉄を還元し、鉄を得る方法ですので木炭はとても重要視されていました。
「鉄山秘書」には「一に粉鉄(砂鉄)、二に木山、三に元釜土」とたたら操業における重要度を書いていたそうです。




”たたら”の炉のある建物です。
高さがあるけど平屋で、外壁は杉板張り。
伝統を感じさせてます!




”たたら”の操業は一般公開されていますが期間が短く(今年は6日間)
収容人数も限りがあるためなかなか見れないのだそうです。
小学生が先生と課外授業に来ていました。



中にはいると土で出来た四角い炉から勢いよく炎が立ち上がっていました。




炉内の温度は1300度〜1500度にも及び、近寄ると眼鏡が溶けそうなくらい熱い!!
たたら操業は炎との格闘なんですね。



ここで行われている製鉄法は「ケラ押し法」という手法で、中国山地の北側で主に稼働した方法ということです。
操業開始から終了まで三昼夜、約70時間かかるので三日押しともいうそうです。
見ていると、村下(むらげ)と呼ばれる”たたら”の総責任者が炉の横の穴からのぞき、炉内の温度や炉内のケラ(鉄の塊)の様子を観察して指示を出していました。
昔の村下は炉内を直視する過酷な労働により、最後には視力を失ったのだそうです。



そして、30分くらいごとにその出来具合をみて砂鉄を上から投入します。



また、横の穴からドロドロに溶けた不純物のノロや銑鉄が出てきます。
これも熱そう!!
この掻き出している若者は高校卒業後、この”たたら”の仕事がやりたいと言って入社してきた「金のたまご」だそうです。わーい(嬉しい顔)



工場内が見渡せる高いところに神棚があり”金屋子神”がお祀りされていました。
この仕事にかける人々をじっと見守っているようです。





posted by こまつ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月26日

たたら見学1

先週、島根県安来市へ「たたら見学」に行ってきました車(RV)

行く途中の米子自動車道大山パーキングエリアから正面に見える大山をパチリ!!カメラ
おお!まるで富士山のようじゃ(^^)/~~~
雪をいただいてとっても綺麗ですナー。



”たたら”とは千年以上の歴史をもつ日本の古式製鉄法のことです。
http://www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp01.htm
映画「もののけ姫」でも登場していたので見た方も多いと思います。
大正14年に西洋製鉄法におされ一時途絶えていたのですが、昭和54年になって復活されたのだそうです。
http://www.hitachi-metals.co.jp/tatara/nnp0205.htm

その”たたら”が一年の内のこの時期に2〜3週間だけ操業されるとのことで、見学のお誘いがあり参加してきました。

製鉄所の見学の前に、まず安来市にある「和鋼博物館」で予習です。ペン
http://www.wakou-museum.gr.jp/





エントランスには”たたら”から製鉄されて出来た「ケラ」と呼ばれる鉄の塊が置いてあります。目
原料の砂鉄13トン、木炭約13トンに対し、できるケラは2.8トン、ズク(廃棄物)は0.8トン。
したがって、鉄の装入砂鉄に対する歩留りは28%と、現在から見れば非常に効率の悪い値だそうです。
しかし、この塊の一部から取れる「玉鋼」は日本刀などの刃物に最も適した組成を持っており、現在の近代的な西洋製鉄法をもってしてもどうしても生産できないのだそうで、その生産の為に”たたら”が復活したそうです。




ホールには、17世紀の終わり頃に発明された、たたらの炉に空気を送る役目を果す天秤鞴(てんびんふいご)と呼ばれる道具が置かれていました。
http://www.wakou-museum.gr.jp/
人が足で踏むのですが、その様子から「たたらを踏む」の語源になったんだそうです。
みんなで代わるがわる踏んでみました。わーい(嬉しい顔)



展示室は残念ながら撮影禁止だったので今日はここまで・・・。<(_ _)>









posted by こまつ at 09:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

バッテンの日

昨日、大失敗をやらかしたことに今日気づいたふらふら
今回は見合わせようかと思っていた”某活動へ参加表明”の作成中だったメールが手違いで送信されてしまっていた。
おかげでまた仕事が増えそう(いや、仕事ではなくてボランティアだけど)ハハハ
夕方、空を見上げると何と今日の日を象徴するかのような「バッテンの雲」
アチャ〜〜(^_^;)ゞ
posted by こまつ at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月19日

日曜市

同窓会の明くる日の朝、ホテルから歩いて近くの日曜市に行ってきました。

この日曜市は大手筋という道路の片側二車線を使って毎日曜日に開催されている青空市ですが、約300年の歴史があるそうで約650の店舗が1.3kmにわたって並んでいます。



市民の生活を支える市場ですが、今や県内外から沢山の観光客がやって来る高知の代表的観光名所でもあります。
この日も朝から沢山の人で賑わっていました。
売っているものはご存じの通り、野菜から果物、魚介類、お漬け物、漢方薬、衣料品、お菓子、お寿司、古物や雑貨、金物と何でもありで見ているだけでもとても楽しいです。
個人的には市場の西の方に並んでいる金物屋が好きで必ず行きます。
たぶん、村の鍛冶屋だった父を思い出すからでしょうか・・・。

高知は土佐の打ち刃物としてナタや包丁が有名です。
山仕事などで使う実用品のナタにも綺麗な装飾彫りがほどこされています。




高知は林業県なので山仕事で使う造林釜(柄の長いカマ)や刃を保護するために先の曲がったナタ、手斧類が沢山陳列されていました。





普段はなかなか使う機会は少ないのに、男はこういった刃物類に惹かれるところがあります。
ところが日常的に包丁などをよく使う女性はあまり興味を持たないという話を聞いたことがあります。

竹を割る道具も売られています。



銅製のバケツやジョウゴなどを並べている店もありました。
たぶん手作りでしょうから値段的にも少し高いかと思いますが、銅の光沢と実用的で丈夫そうな造りに惹かれとても欲しくなりました。



大好きな干物類も沢山売られていました。
愛想の良いおばちゃんのトークに乗せられ思わずフグとイカの干物を買いました。



それと我が家の味噌汁や煮物に欠かせないアジのダシジャコを買いました。
普通のカタクチイワシのものより上質なダシが出ます。



モズクガニも売っていました。
今が旬です。



ニロギという体長5cmほどの小魚の干物です。
脂が乗っていて焼いて食べると最高の酒のアテになります。




気がつくと晩酌用の干物を沢山買ってしまいました。猫
晩酌が楽しみです。(笑)




posted by こまつ at 05:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月18日

セブンディズホテルプラス

同窓会で高知に帰ったときに泊まったセブンディズホテルです。



少し離れてセブンディズとプラスと二棟あり、今回は新館のプラスに泊まりました。



入ると開放的なロビーに朝食や待ち合わせに使うテーブルが置かれています。
街の中心にも近く、とてもお洒落なホテルで雑誌などにも良く紹介されているようです。
高知での宿泊にはお勧めです。

posted by こまつ at 05:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

同窓会

同窓会があるというので郷里の高知に帰ってきました。

十数年ぶりに再会した高校の同級生達は、顔にはシワが増え、体型もそれなり、頭頂部には栄養不足の痕跡が見られる者もいて(笑)・・・。
お互いの年月を感じましたが、声や話し方、性格などはまるっきり変わらず、歳月を超えてあの楽しかった日々が思い出され、とても懐かしく一時を過ごせました。(~o~)

しかし、いただいた名簿を見ると亡くなられたり、「行方不明」となっている人も数名いて、それぞれの人生の変遷を思うと胸が痛みました。

またの再会を約束してホテルに帰る途中で見つけた”たばこ屋さん”。
屋号が面白いのでパチリ!

posted by こまつ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月07日

馬淵うどん

馬淵のれん

今日のお昼はいつもの行きつけの「馬淵うどん」でした。



今日はシンプルにかけうどんとおいなりさんの組み合わせです。
ここのお汁はダシがほどよくきいていて辛くなく麺もコシがあり、私の一番のお気に入りです。
ほんとに毎日食べても食べ飽きません。
ここのうどんを食べていると香川に住んでてほんとに幸せと思います。(*^_^*)
posted by こまつ at 03:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年01月06日

安全祈願

5日は安全祈願に太田の廣田神社さんに行ってきました。
ここの宮司さんにはサラリーマン時代からずっと地鎮祭などでお世話になっています。
ここで毎年、安全祈願をすると新しい年が来たんだなと妙に心改まった気持ちになります。
建築業は現場での事故なども多い業種なので年間の無事故と事業の発展を祈願しました。
会社も三年目を迎え今年は昨年以上に忙しくなりそうです。
健康にも気をつけながら頑張っていきたいと思います。

posted by こまつ at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

仕事始め

新年あけましておめでとうございます。
と、いうことで今年も4日が仕事始めでした。
少し朝寝坊してあわてて事務所に行ってみると誰もいない・・・・。
よーく考えてみると、相方は4日まで休むって言っていたような・・・(^_^;)。
ということで一人で今年は仕事始めでした。
お昼を食べに出かけたついでに公園でお散歩していると赤い実を見つけました。
この実は、昔母親が良く作ってくれた蒸したお饅頭の下敷きに使っていた葉っぱのツルに実っていました。
とても懐かしい。
昔は身近にあるものを上手に使っていたなって思います。

posted by こまつ at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月18日

初積雪

初積雪1
・昨夜から舞っていた雪が朝見ると積もっていた。
高松の初積雪だ!
12月に雪が積もるなんてめずらしい。
外に出ると下の娘が寒さに負けず、ボールにスプーンで雪を集めていた。

・それじゃあなかなか集まらないだろうと思い車の上に積もった雪を一緒に集めてやると・・・。

・・・・出来たのがこの雪の顔でした。
南天の赤いお鼻が可愛いでしょ。

posted by こまつ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月06日

はじめまして

私は高松で四国の木を使った住まいづくりを中心に建築の設計と施工をしています。
このブログでは、仕事や日々の暮らしの中で感じたこと、そして出会った人達のことなどを日記風に綴ってみたいと思います。
また、ご訪問いただきました皆さんと共に、楽しいブログライフをすごしたいと思いますのでご意見やご感想などお寄せ下されば幸です。
これからもよろしくお願いいたします。
posted by こまつ at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記