2010年11月18日

香川ヒノキ、徳島スギの展示会

かがわ木造塾でおこなう12月のフィールドワークでお世話になる吉野川(三好)流域林業活性化センターさんから、「香川ヒノキ、徳島スギの製品展示会」のご案内をいただいたので(農)香川県鬼無植木盆栽センターにお伺いした。
IMG_0004.jpg

主にスギの縁甲板などの板材を中心に展示されていて、製品や原木のなどについて興味深い話を聞かせていただいた。
三好のスギ材(製品)はまだ使ったことが無いのだけれど、製材所の方から製品に込められたこだわりと想いを伺い、一度使ってみたい気になった。
IMG_0005.jpg

展示会場となっている植木盆栽センターは植木を売買する公設市場で5の付く日に市が立っているそうだ。
特に11月15日は大市と呼ばれ、いつもより盛大に市が行われる日なのだそうだ。
所狭しと並べられた植木を前に県内外の庭師さんが集まり独特の符丁でセリをおこなっていた。
IMG_0001.jpg


バッタリ会った知り合いの庭師さんによれば、ここの市場も年々参加者が減り取引量も少なくなっているそうだ。
住宅の洋風化で、いわゆる日本庭園風の作庭が減るなど、庭に対する消費者の意識や求めるものが変わってきているせいなのだろうか。
それとも単に庭にお金を使わなくなったのか・・・。

IMG_0003.jpg
この綺麗に色づいている大きな紅葉が1万数千円と聞き、これでは植木生産者は儲けにならないだろうと心配になった。




posted by こまつ at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林・木材

2010年11月10日

仲南の森を訪ねて

森風舎の増田さんからお誘いがあり、仲南の森で香川県産ヒノキ材の伐採を見学させていただいた。
(森風舎のHP:http://www.shinpuusha.jp/


10_11_09_6057.jpg
朝、車で曲がりくねった山道を走り仲南の山に着くと樹齢60年〜80年程度の立派なヒノキが林立する森にチェーンソーのエンジン音が響いていた。
ここはまんのう町(旧仲南町)の町有林で、増田さんが設計した建物に使うヒノキ材を伐採している。

10_11_09_6060.jpg
道路脇には伐られた木材が無造作に並べられていた。

10_11_09_6069.jpg
今日は森林組合の二人の作業員の方が伐採をしていた。

10_11_09_6095.jpg
伐採は、まず立木の谷側を三角形に切り取り「受け口」をつくる。
次に山側へ切れ目を入れ、出材機から伸ばしたワイヤーを少し引きながら狙ったところへ倒す。
あっという間に大きな木を倒してしまった。

10_11_09_6104.jpg
その後、枝を切り払い、引出し易くくしてからウインチを操作してワイヤーを巻き取り、下の道路に引きずり下ろす。
その手際よさに驚いてしまう。

10_11_09_6076.jpg
引き出した木は、2mから5m前後長さの定尺に「玉切り」して揃え、山から搬出する。

10_11_09_6068.jpg
香川県産のヒノキの特徴は、雨が少ない気候のため、成長が遅く年輪の間隔が詰まった色合いの良い木が育つのだと言われている。
道ばたに置かれた木材の切り口を見ると、とても綺麗でその特徴が良く判る。

10_11_09_6121.jpg
伐採を見学した後、山を下り、今回伐り出した材を製材している七箇工業さんを訪問。
あまり広くない集積場に、山から運搬して集積された香川県産材の原木が積まれていた。

10_11_09_6117.jpg
此処の製材所では操作員が台車に乗り、原木の状態を見ながら一面づつ帯ノコで挽いている。
丁寧に原木から採れるギリギリの太さの角材を製材していく。

10_11_09_6106.jpg
今回増田さんが設計した建物の柱に使う予定の5寸角の材を見せていただいた。
節が少なく、中には無地に近いものもある。
とても綺麗な良材だ。
七箇工業の社長さんによると、現在香川県産材は主に徳島県の三好の市場に出荷しているが、わざわざ運賃をかけて徳島まで出荷するのではなくて、県内で原木をストックし、製材をして、もっと県内の家づくりに使ってもらえるようにしていきたいとのお話を伺った。
香川県産材は年間の出材量が少なく、林業としては脆弱で、その実現には色々な課題もあると思いますがぜひ実現して欲しいと思いました。
posted by こまつ at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林・木材

2009年07月22日

白太と赤身

木を輪切りにした時、丸い断面の外周部にある白っぽい所を白太と呼びます。
一方、白太に囲まれた中心部分の赤っぽい所が赤身です。
赤身は白太に比べ、腐りやカビの発生が少ないことが知られています。
IMG_0050.jpg
今日、製材所で見たマツ丸太。
白太部分には見事に緑色のカビが発生していたが、赤身は全く発生しておらず、赤身の耐腐朽性の高さを示していた。

この特徴はマツに限らずスギやヒノキでも同様で、私たちの家づくりでは、この特徴を生かし、建物の土台や外壁・デッキなどの水濡れヶ所や室内の水回りなどに赤身材を使うようにしています。
安易な防腐剤処理に頼らない木の本来持っている特質を最大限生かし切る伝統的な家づくりの知恵の一つです。
posted by こまつ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 森林・木材