2009年09月24日

土あかりの土塗作業

「むれ源平石あかりロード」に土壁ネットワークが出展している「土あかり」の残った上半分の土塗り作業を、子ども達も参加してしました。

秋晴れの空の下、鎮座する「土あかり」。
IMG_0007.jpg

皆で、土を竹小舞の上から手で塗りつける。
IMG_0028.jpg

塗ってはなでる。
最初はおっかなびっくりの子ども達も慣れてくると要領が良くなり作業がはかどる。
子ども達が大きくなっても土壁の住まいはつくられているだろうか?。
この子たちの手に残った土の感触が、きっと土壁の住まいを伝えてくれる・・・。
そう願いたい。
IMG_0016@2.jpg

完成。
なんか「風の谷のナウシカ」に出てくる「巨神兵」の頭に似ているな〜。
口から火を吐かないけど・・・。
IMG_0036@Q.jpg

posted by こまつ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2009年09月15日

土あかりと泥だんご

少し前ですが「むれ源平石あかりロード」に行ってきた。
私も小舞竹編みを一緒にした土壁ネットワーク出展の「土あかり」。
半分だけ塗られた土と竹小舞がシルエットになり良い雰囲気。
IMG_0012.jpg

土あかりのそばで土壁ネットワークのメンバーの左官さんがやっている「泥だんごワークショップ」で娘といっしょに泥だんごづくりに没頭。
仕事やなんか忘れてひたすら瓶の口で磨く、磨く。
ものづくりの欲求が満たされるとても楽しい一時。
IMG_0010@3.jpg
posted by こまつ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2009年07月06日

土壁と筋交い

IMG_0017.jpg
7月1日に丸亀のポリテクカレッジで「1間土壁+筋交い」の実大実験があり見学してきました。

IMG_0010.jpg
実験開始直後。
変形角は1/150rad付近
隅角部の土が少し圧縮によって壊れ始めている。

IMG_00142.jpg
外部面の筋交い。
まだ、変形も少なく健全。

IMG_0020.jpg
変形角が大きくなっていくと土壁にはせん断破壊のひび割れが入る。
最大耐力は1/50radで出た28.3KN。
筋交い無しと比べると倍近い耐力が出ている。


IMG_00523.jpg
最大変形角1/15rad以上で、土壁は大破して、筋交いは驚くほど湾曲している。

IMG_0056.jpg
筋交いはその後バキッと折れてしまった。

土壁と筋交いの併用は古い伝統構法には無かったので、比較的新しい工法のように思う。
この実験の結果からも判るように、土壁と筋交いは破壊性状が違う。
そのことが昔の大工が併用構法をしなかった理由のように思えてならない。

また、実験の結果からも壁倍率を単純に加算するべきではないことが判る。
実際に土壁の家をつくる者として気をつけなければならない。
posted by こまつ at 03:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 土壁

2007年12月11日

土壁実大せん断試験始まる

y?@Cn^_20071205_50.JPGy?@Cn^_20071205_20.JPG








住宅などで使われている土壁の強さを調べるための「土壁実大せん断試験」が始まりました。
土壁ネットワークとポリテクカレッジ丸亀校の共同研究で、これから1月16日まで8回にわたって、色々な試験体をつかっておこなわれます。

初回は12月5日にあり、昨年の試験で壊したフレームを修復した試験体「修復、地域仕様」の試験でした。
試験体を左右に押し引きしていくと少しずつ変形が進み最後に壁土が落ちる様子が見えて大変勉強になります。
この試験体は昨年の実大試験で使用した材料をもう一度使って修復したもので、実際の住宅が地震などの被害を受けて、それを修復・再建した場合の参考データとなるものです。
今回の試験の中でも私が注目している試験のひとつでした。

試験結果は変形47mm付近で最大耐力13.33KNを記録しました。
また、耐力の特性も粘り強く変形に抵抗する土壁特有のものでした。
柱のホゾが折れている状態の試験体でしたが、新規に製作した場合の約85%程度の強度を記録し、壁倍率でいえば1倍程度の強度を保有することが判りました。
これは土壁を使用した伝統的な構法の家が地震で被災しても、補修すればまた使えるようになるという力学的な根拠を示すものとして大変参考になるものです。



posted by こまつ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2006年10月17日

土壁実大実験フレーム製作

先日の夜、丸亀市にある「ポリテクカレッジ」で、私が参加している「土壁ネットワーク」による土壁実大実証実験用の軸組フレームの組み立てがおこなわれました。
当社の工事をしている大工さん2名を含む、4人の大工さんが切り組み加工した部材を、ポリテクカレッジの学生さんや教授、ネットワークメンバーなどが力を合わせての作業です。
IMG_9778_s.JPG

フレームは在来の土壁の強度試験用のもので、厚さ15oの貫が3段、柱梁は杉材、柱仕口は長ホゾ込み栓仕様です。
組み立ては大工さんの手際よい作業で、2時間ほどで組みあがりました。
これから、竹小舞いを編み、土壁を数回に分けて付けていきます。
土壁が乾燥し、試験が出来るようになるには数ヶ月先となります。
多分来年の2月か3月かな・・・。
その日が待ち遠しいですね。わーい(嬉しい顔)

posted by こまつ at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁

2006年06月29日

土壁試験が始まった

参加している土壁ネットワークでいよいよ土壁の圧縮試験が始まりました。
試験場所は丸亀のポリテクカレッジです。
試験体は一つが各辺が150mm×150mmの大きさで、厚さは最初70mmだったのが乾燥収縮して少なくなっています。
IMG_6046_s.JPG

試験機の周囲では土壁ネットワークのメンバーやポリテクカレッジの学生さんが加圧に伴う変化を真剣に見守ります。
IMG_6043_s.JPG

この日の試験は土壁供給会社3社分をおこないました。
試験体の耐力と変形量のデータはディスプレイにグラフ表示されていきます。
思わぬ結果が出たので、皆で意見を出し合い検討します。
このような地味な努力で土壁の科学的な解明が進んでいくのです。
IMG_6055_s.JPG

posted by こまつ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 土壁